アクシデントという滅茶苦茶

先日、重いアクシデントの号外をそれほど見かけますね。
操作見逃し、飲酒操作、落石…と条件も様々ですが、アクシデントはいつ自分がおんなじ眼に合うかわからないという恐ろしさがあります。

昔、単なる用のために原付で出掛けたときの事です。
用を済ませて、日和がかわいく愛車も数少ないルートを面白く原付で走って家に帰ると世帯が見ている号外番組が眼に入りました。
死者が出た悪いアクシデントがあったという速報で、誠に現場は我々が10食い分ほど前に原付で走っていた置き場でした。
たえず見慣れた近場のルートで、しかも数分前まで穏やかだった事を知る置き場がテレビに映っていて
我々は目的がわからず呆然としましたが、だんだんと苦しみを捉え始めました。もしも10食い分ほどあのルートを通り過ぎるのが異なりていたら我々はどうなっていたのだろう、と。

操作に気をつけていれば人間はアクシデントは起こさないかも知れません。それでも他者の引き起こす事故に陥る事は防げません。
例え、どれだけ自分が気をつけていても突き刺さるあまりにも目茶目茶な事故だ。

只今、報道されてあるアクシデントもこんな目茶目茶を感じます。
アクシデントをなくそうと思ったら運送規律を徹底するのは当然だと思いますが、それを軽んじる輩が他者を巻き込む、と考えると
例えかりにわざが発展してもそれを扱うの人間である以上、その目茶目茶を根絶する事は出来ないのかも知れません。
それでもアクシデントに陥るという目茶目茶の損失にのぼる人様が多少なりともいなく罹る事を願わずにはいられません。お金 急ぎ